www.gzfdz.com

-

-

通常のFX投資の教科書では、「損をした場合はナンピン買いすることで平均の価格を下げる」と記述されているが実際はこれには引っ掛けがあると考えます。まずはじめに、ナンピンのやり方に関してごく簡単に記述しておきます。たとえば、1ドル=100円でドルを買ったとします。$買いですから、ドル高に進むほど利益が出るわけですが思い通りに行かず95円まで円高・ドル安方向に向ったとします。その場面で保持し続けたとしたら、損失が戻るためには円高になった分、ドル高が進まなければならない。みんな、赤字は早く無くしたいと願います。このため最初に注文したのと同じ額のドルを、売買します。そうしたら、ポジション全体のコストは1ドル=97.50銭まで下げることができます言い換えると、2円50銭の幅で円安に進めばマイナスを取り戻す事が出来ます。この流れがナンピン買いの仕組みです。こういうふうに、ナンピン買いのやり方を耳にすると「なるほど」という風に思うが、マーケットは易々と思うようにはいきません。初めから、95円が下値だということなど、誰も分かるはずがありません。例として、為替が強いドル安動向であれば、1ドル=95円ではとどまらず円高ドル安が加速するリスクはあります。一例として、1ドル97.50円でナンピンを入れたにもかかわらず1ドル=95円まで円高ドル安になったらナンピン買いをした分についても、損失が生まれてしまいます。この状態では、最初に注文したドルと同時にダブルで損失を被ることになります。例示したとおり、ナンピンは難解です。では、相場があなたのシナリオとは別の方向にみるみる行ってしまった場合どんな術で危険の確率を軽減すればいいのだろうか。こういう時には選ぶべき術は2つあります。まずひとつめは潔く損切りをする事です。もうひとりは今現在、自分が保有しているポジションを少なくして改めて外国為替市場がリカバリするのを黙って待つことだけです。ずいぶん大人しいやり方だとみる人もいると思います。だがしかし、買いポジションに差損が生まれた場合一番リスクが低い手段はそれ以外にはあるはずがありません。確かに、机上では、ナンピン買いを入れるという対策もあるように思える。しかしながらナンピン買いは自身がマイナスになっている状態でポジションを減らすどころか、それとは反対に買いポジションを買い増していく対策です。これでは、リスクを制御することなどどう考えてもやりようがない察するべきです。ナンピン買いを続けられればやがては儲けが出るかもしれません。だがしかし、それより前に資金は無くなってしまいます。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.gzfdz.com All Rights Reserved.