印鑑登録をすることができます

-

-

愛車を売る場合、そして中古車の売却の時もどちらも印鑑証明が必要になります。

この印鑑証明について解説しましょう。

印鑑証明書とは、ある印鑑が実印として認められているということを裏付ける目的の公式な書類です。

印鑑証明書がなければ、その印鑑が実印で間違いないかどうかが証明できません。

個人にとっては相当高額な商談になる自動車の買取のためどうしても実印が要ることになりますが、それと一緒に印鑑証明が登場します。

役所で印鑑証明を発行するためにはあらかじめ印鑑証明の手続きをする必要があります。

書類に登録する印は通称、実印といいこの世に一つだけの印鑑でなくてはなりません。

この実印を手配して、お近くの市役所などに行けば、印鑑登録をすることができます。

印鑑登録をすれば印鑑登録カードを発行してもらえて印鑑登録をしたハンコは実印ということになります。

印鑑証明書を交付してもらうには役場の担当部署で、印鑑登録証明書交付申請書という書類に必要事項を埋めて、印鑑登録カードを提示するだけです。

さらに自動交付機でも印鑑証明書を交付してもらう事が可能です。

印鑑証明そのものには期限切れなどはないのです。

そのため、いつの印鑑証明であろうが効力は半永久的に持続するのです。

ただクルマ買い取り時には効力のある印鑑証明は三ヶ月以内に発行されたものでなければ無効になります。

ほとんどのケースで期限を定める必要はありませんが愛車の買取時には、店側が期限を設定していますので、売却を予定しているのであれば、買い取りが成立する前に持っておく必要があります。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.gzfdz.com All Rights Reserved.