為替への介入は耳にした事がありますか?日本銀行が介入して新聞

-

-

為替への介入は耳にした事がありますか?日本銀行が介入して新聞、雑誌、ネット等の報道で見たみなさんもたくさんいると思います。http://www.hok-shaho-hsp.jp/%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%96%e3%83%81%e3%83%a3%e3%82%af%e3%83%ac%e3%83%b3

元より為替介入は日本の場合、財務大臣が円の相場の安定を実現するように行なう戦略ということで位置づけられています。プロテオグリカン

簡潔に言うと、急激な円高もしくは円安の場合に財務大臣の指示が出ると中央銀行(日本銀行)日本円を売買することで為替レートを安定化させるといったことです。湯上りカラダ美人

為替介入とはいくつか方法があります。キレイモの頭金

1.単独介入・・・行政機関もしくは日銀が東京市場の中で直接市場に参入して為替の介入を行なう。

2.協調介入・・・多くの通貨当局が協議のうえで、それぞれの通貨当局の持ち金を出してタイミングを合わせてまたは時々為替の介入を実施する。

3.委託介入・・・異国の通貨当局へ介入をお願いする。

4.逆委託介入・・・日銀が他国の銀行などと代わって外国為替平衡操作(為替介入)を行なう。

この通り種類があるのです。

どのケースの為替の介入も一時期、あるいは連続して為替のレートに多大な効果を与えることになります。

為替介入(外国為替平衡操作)のお金は当たり前のことですが国家のプライドをかけているのですから桁違いです。

円を例にして説明すると、いつもは数銭ずつ動く相場が唐突にかなり変化をします。

個人の投資家の方であれば一度くらいは経験があると考えますがそこまではスムーズに含み益(もしくは損失)が多い持ち高を保持していたところへ、持続している保有高が決済しましたという情報が外国為替の会社からメールが来ました・・・どれほど得したのかな(損益が出たのかな)?と気にしつつ決済報告を確認すると、自ら考えていたのとは真逆の状態で息を飲んだということがよくありました。

為替介入(外国為替平衡操作)が行なわれると起こりがちななのです。

外国為替平衡操作(為替介入)が施行されることで、為替市場の動向とまったく逆の動きをすることがわかります。

まして変動する金額の幅は相当大幅に変動するため用心が必要です。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.gzfdz.com All Rights Reserved.