車の査定に出すときの暗黙の了解でもありますし

-

-

損をせずに高い見積額で所有車を手放したいのであれば、見積を依頼する前に最低でもやる必要があることはそれなりにあります。

車内をきれいにして、中古車の臭いや汚損を取っておく作業がポイントのひとつです。

自動車の評価をする方は人間なので「汚れている車内だな〜」と思えば、当たり前によい価値判断をしにくいはずです。

臭い、汚れの車内清掃すらされていないいい加減に扱われてきた車という印象を持たれる可能性があるわけです。

これは自動車の種類に関する問題ではなく車を売る場合でも同様です。

まず車内の臭いについてよくある査定額を下げる原因として、煙草の臭いを上げられます。

自動車の中はスペースの限られた空間ですからその空間で煙草を吸えば、煙草臭が自動車の中について取れなくなってしまいます。

最近では煙草を敬遠する方がブームのようになっていますから、世相もあって相当にタバコ臭は査定額が変わる要因となります。

査定をする前にできれば消臭剤などによって所有車の臭気を消しておかなければなりません。

さらに、犬や猫などの臭気は買取額にとって重要なポイントになります。

普段から動物と自動車に乗る自分の場合は鈍感になっている事もありますから、だれか第三者に査定に出す前に確認を依頼するという流れが望ましいのではないかと思います。

それと、汚れている部分についてですが車両を売ったのちに引き取り店のプロが車両を清掃して売るため掃除する必要はない、などと思って査定したら、完全に売る車の買取額を減らされます。

乗っていれば少しの汚損はしかたありませんが、簡単に落とすことができるよごれは洗車に出したり車内清掃をして取っておいた方が良いです。

売却する自動車にワックスがけ、手放す車のトランクの中の清掃などは忘れてはなりません。

実際、ワックスをかけたり車内清掃にかかるコストと汚いことが原因で買取査定で引かれる見積金額を比べると後者がはるかに大きいと思います。

きちんと手を入れていた車か?というポイントから確認をすれば常日頃洗車や車内をきれいにしておくことが一番いいと思いますが、車の査定に出すときの暗黙の了解でもありますし、査定以前に清掃を済ませることは所有車の価格を高額にする場合にはできるだけやるべきことのひとつなんです。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.gzfdz.com All Rights Reserved.