動かないで待機する事だけです

-

-

通常の初心者向けの外為の書籍では「損が生まれた状況ではナンピンをすることで、全体の買い付け価格を下げることができる」と助言されていると思いますが、現実にはここにはかなりの引っ掛けがあります。

まずは、ナンピン買いの理屈に関してごく簡単に説明しておこう。

仮に1ドル=100円でドルを買ったとします。

$買いのため円安になればなるほど黒字が出るわけですが、不幸にして95円まで円高ドル安が進んだとします。

その状況でポジションを所有し続けたら、損失が回復するまでには、ドル安になった分、円安に向わなければなりません。

誰もがみんな、赤字は早めに回復したいと考えるでしょう。

この状況を変えるため最初に買ったのと同額の$(ドル)を買います。

すると、ポジション全体の買い付けコストは97円50銭まで低くすることができる。

すなわち、2円50銭の幅で円安に推移すればマイナスを回復できます。

それが、ナンピンの原理です。

このとおり、ナンピン買いの手法をみると「まちがいない」という考えになるが市場はそう簡単には上手くはいきません。

最初から、1ドル=95円より下がらないとは、なんびとも分かりません。

もし、外国為替市場がかなり強い円高ドル安傾向だったら、1ドル95円ではとどまらず、更に一段の円高にいくリスクは高くなります。

仮定として、97.50円でナンピン買いをしたにもかかわらず1ドル95円まで円高ドル安になっとしたならば、ナンピン買いしたポジションにも為替差損が生じます。

そういう状態では初めに買ったドルとトータルで、ダブルで損が生じます。

それほど、ナンピン買いは難解です。

では、相場があなたのストーリー展開とは反対の方向に行ってしまった場合、いかなる手法で危機の確率を軽減すればいいのだろうか。

この場合取れる選択肢は2つしかありません。

最初のひとつは潔くポジションを諦める事です。

もうひとつの手段としては今、持っている買いポジションを小さくする事で再度市場が元のようになるのを動かないで待機する事だけです。

相当大人しい対策だとみる投資家もいるだろう。

だけど、自分の持っているポジションに損失が生まれた時、一番効果のある手段はこれ以外にはあるはずがありません。

無論、ロジックとしては、ナンピンするという対策も有効です。

けれどもナンピン買いは、損失を出している状態にもかかわらず、ポジションを小さくするどころかそれとは逆に買いポジションを積み増していく考え方です。

この考え方では、危険性をコントロールすることなど、どうやっても不可能だと思うべきです。

ナンピンをしていけばその内損失が回復するかもしれません。

しかし、そうなる前にお金が足りなくなってしまいます。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.gzfdz.com All Rights Reserved.